母乳が出ない

赤ちゃんを出産したママの大事な仕事の1つに授乳があります。
赤ちゃんは、ママの母乳から栄養を補給し、成長していきます。
そのため、育児において授乳は必要不可欠なものです。
しかし、母乳が出にくい、母乳が全くでないといった悩みを抱えているママも少なくありません。
実際に、何らかの理由からミルクのみで育児を行っているママが3割程度、母乳とミルク混合で育児を行っているママが3割程度います。
つまり、完全母乳で育児を行っているママは4割に過ぎないのです。

昔から、母乳にはたくさんの栄養が含まれており、母乳を赤ちゃんに飲ませることで免疫力の強い子供になると言われてきました。
母乳ではなくミルクを赤ちゃんに与えた場合は、体の弱い子供になると言われてきたことも事実です。
このようなことから、母乳が出なくなってしまったママは焦りと不安を感じてしまいます。
実際に、母乳が出ないことで悩み、産後うつになったママもいます。
では、産後に母乳が出ないのはどんなことが原因になっているのでしょうか。

考えられる4つの原因についてまとめました。
また、質の良い母乳をたくさん出すためには、食事が重要なポイントとなります。
母乳が出ないことで悩んでいるママは、食生活の見直しを行う必要があります。
産婦人科でも言われる通り、やはり理想は母乳による育児です。
しかし、様々な理由から母乳が出ない場合にはミルクでも十分に栄養を与えることができます。
ミルクの良い点を知ることで、母乳が出ないことへの焦りや不安が少しでも解消できるのではないでしょうか。